接着性ブリッジ

虫歯あるいは歯周病などの原因で歯を失った時、失った歯の数が少ない場合でいかもその歯の前後に支えとなる歯がある場合には、歯のない部位へ歯を入れる方法の一つにブリッジがあります。

 

通常、ブリッジを入れる場合には、両隣りの健康な歯2~3本をかなり削って冠をかぶせます。

この方法だと、歯のいちばん外側の硬いエナメル質を削ってしまうため、虫歯になりやしくなったり、さらには大量に削ったために歯がしみやすくなり正常な歯の神経まで抜かざるを得ない場合もあるのです。

 

これらの犠牲を避け、ほとんど歯を削らないでブリッジにするのが接着性ブリッジです。

 

 

土曜・日曜も診療しています

急患の方にも随時対応しております。

 

お電話で空き時間を確認しておいでください

 

TEL:03-5704-6480

 

 

 

 

 

 

診療科目

一般歯科 ・ 小児歯科

口腔外科

矯正歯科